2015年08月10日

テストによくでる英語動詞3つ




英検やTOEICなどで頻出の単語ってありますよね。長文の文中などででてきたときに「あれなんだっけ!」とならないことが意外に高得点の秘訣だったりするんですよね。


英語の単語にはいろいろと種類がありますが(名詞とか形容詞とか)その中でも物事の動作を表す「動詞」を覚えておくとよいと思います。こいつを覚えておくといいぞという動詞を4つ紹介します。




1.disturb



〈平穏・平安・人の心などを〉乱す; 妨げる,妨害する.
研究社 新英和中辞典より


よりくだけた表現にすると「邪魔をする」といった感じでしょうか。disturb + 動詞のing形で〜するのを邪魔するといった使い方ができますね。
I disturbed his talking to my mother.(私は彼が私の母に話かけるのを邪魔した。)



2.abondan



〈人・船・国・地位などを〉捨てる,見捨てる,捨て去る.
研究社 新英和中辞典より


お堅い言葉で「破棄する」といった意味の動詞です。非常によくでる動詞です。英文で捨てるとか、持ってるものをポイするといったことを表現したいときには必ずと言っていいほど出現しますので覚えておきましょう。



3.enhance



〈(すでにすぐれた)質・能力などを〉(さらに)高める,増す.
研究社 新英和中辞典より


enhanceの類似の単語にimproveがありますが、improveとの違いは「すでによいもの」をより高めようという意味合いがある点です。



4.carry



〈ニュース・話などを〉〔…に〕伝える.
研究社 新英和中辞典より

carryには「運ぶ」という意味以外にもだれかに情報を「伝える」という意味があります。また"carry out"で「実行する」という意味になりますので覚えておくとよいでしょう。

「動詞」を暗記して高得点を目指しましょう!



posted by gieks at 14:51 | Comment(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。